「将来したいことがない…。」

「現在働いているけれど、やりたい仕事じゃないからモチベーションが上がらない。」

「転職を考えている。」

当サイト「げんきワーク」では、一般的な求人以外にレアな求人を取り扱っており、また求職者の方や企業の方とお話する中でさまざまな体験談や生の声が得られます。

このページでは、そのレアな仕事の一部をご紹介すると共に、「こんなときにモチベーションがアップする」というコメントを数点掲載しています。
ぜひ転職活動などのお仕事選びや日々の仕事術にご活用ください。

目次
  1. モチベーションアップの例
  2. モチベーションが上がらないときは無理をしない
  3. レアな求人
スポンサーリンク

モチベーションをアップする方法

モチベーションをアップする方法

テレビ番組制作スタッフ – 仕事はやりがい!

学生の頃からやりたい仕事なんて全然なかったのですが、ふと求人サイトを眺めているとスタッフを募集していて、「面白そうだ!」と応募してみるとすぐに採用が決まりました。

ものすごく忙しい仕事ですが、有名な芸能人に会えるのはこの業界ならでは。

日々変化のある生活は刺激的で、少しずつ頼まれる仕事が増えて “やりがい” を感じるのでモチベーションは常に上向きな感じです(笑)
毎日が充実しています。

バスガイド – 知識を増やして利用する

仕事柄さまざまな観光地を紹介するのですが、その土地の歴史などについて勉強したことをマニュアルにプラスしてお客さんに披露すると、私の話を喜んで聞いてくれます。

もともと個人的に興味のなかったことでも、「役に立つものを見つけた!」と思いました。それが嬉しくて仕事のモチベーションアップにつながることがあります。
仕事に直結はしなくても、いつまでも知識を増やすことは大切だと思います。

日本語学校の教師 – 事務員からのステップアップ

もともと日本語学校の事務員として働いていたのですが、仕事柄英語がみるみる上達していきました。
生徒さんと意思疎通が増えることでモチベーションもアップして「もっと語学を活かせる仕事がしたい!」と思うようになり、日本語教師になりました。

今では生徒さんも多く、社会的な役割を果たしていると心の底から思えるので毎日が充実しています。

ちなみにモチベーションが上がらないときは…

現在の状況でいくら頑張っても、「やる気が出ない」「仕事を頑張りたくない」とモチベーションが上がらないときがあります。場合によっては今後一生、思ったように会社から評価が得られないこともあります。

そのような時は同じ職場で無理をして働くのではなく環境を変えることも大事。まったく異業種に転職をすることで、新たな発見をすることもあります。

そしてそれが、人生を大きく変えるターニングポイントにだってなり得るのです。

レアな求人を眺めてやりたい仕事を探すだけでも、今できるモチベーションアップの1つだと思います。

レアな求人

現在テレビやカメラマン漁師探偵葬儀・セレモニー関係などのさまざまなレアな求人が募集されてます。

レアな仕事の全職種や、お住まいの地域で探される場合は、げんきワーク「レアな仕事一覧」より検索してください。