派遣の履歴書の書き方「派遣の志望動機は何を書く?」

派遣の登録時に必要な履歴書。
バイトや正社員と同じように書き進めていくと、ある疑問が生まれます。

「あれ?志望動機は派遣で働きたい理由のこと?」

派遣で働く場合は「登録会社」と「派遣先会社」があり複雑です。
今回は、いったい志望動機にどんな内容を書けばよいのかお伝えします。

スポンサーリンク

一般的に派遣の志望動機に書くことは?

一般的にはこの2つのどちらかを書く人が多いです。

  • 紹介を受けたい希望する職種の動機
  • 登録する派遣会社を選んだ動機

ここで気をつけなくてはならないことは、志望動機は「派遣で働きたい理由」ではないということです。

つい“派遣を選択した”動機を書いてしまうケースは多く間違いではないのですが、派遣会社側にとっては必要ない情報だと思われるかも。

どうしても書く必要があるならば、上記の二つと合わせて書きましょう。

思い浮かばなければ空白でもあり

紹介を受けたい特定の仕事があり登録する以外は、なかなか言葉がでてこないもの。
全く考えが出てこない場合は思い切って空白でもありです。

担当者に志望動機を聞かれたら、

「御社を選んだ理由ですか?それとも志望している職種に対してですか?」

と具体的に聞いて素直に答えればいいのではないでしょうか。

志望動機に書いた内容や、履歴書は紹介された会社に見られるの?

履歴書や職務経歴書は、登録当日に記入する派遣会社専用の登録シートと合わせて、今あなたに紹介できる仕事があるかどうかを派遣会社が調べるものです。

それがどういった扱いになるか説明します。

紹介先の会社にも渡るの?

履歴書は個人情報がぎっしりつまった書類です。
これを紹介先の不特定数の会社へ渡ってしまわないか不安になることも。

法律で紹介先の会社が事前に派遣される人物を特定できる行為は禁止されています。
よって履歴書・職務経歴書は登録会社以外に渡ることはありません。

もし不安であれば、登録時に履歴書の取り扱いはどうなっているのか確認することをお勧めします。

紹介予定派遣の場合は別
ある期間を経て紹介先の会社と直接雇用されることが前提なので事前に情報を知っても違法ではないことを知っておきましょう。

では、派遣会社は志望動機にどのような評価をするの?

では、派遣会社は志望動機をどのように評価するの?履歴書は社内選考の書類として他の登録者と比較するのに用いられ、すぐ紹介できる案件がなくてもこの先求人募集があったとき、派遣会社内で登録されている人の中からふさわしい人を選考する書類として使用されます。

よい仕事を紹介してもらおうと思えば、しっかりした履歴書でなければならないということです。

しかしそれは、職務経歴や自己PRであり、志望動機はそれほど重要視されません

結局、派遣の志望動機には何を書いた方がいいの?

結局、派遣の志望動機には何を書けばいいの?

派遣会社から仕事を紹介してもらうための書類が履歴書です。
ということは、志望動機は記入しなくてもよいのです。

どうしても紹介してほしい仕事があるのであれば、その仕事の志望動機を書いてアピールしましょう。

【関連記事】

派遣の正しい履歴書の書き方「派遣が多い職歴どこまで書くのか」

履歴書の書き方【中退、留年の学歴】プラスに変えるテクニック