派遣の正しい履歴書の書き方「派遣が多い職歴どこまで書くのか」

正規雇用とちがい派遣社員で働いた方は、派遣登録した会社と派遣先企業の2つの会社名を書くため、経験が長くなるといちいち書くことが面倒になるものです。

今回は派遣期間の職歴の書き方についてまとめました。

スポンサーリンク

派遣会社の正しい職歴の書き方

一般的な書き方

  • 派遣社員の場合は『入社/退職』ではなく『登録/登録終了』と書きます。
  • 派遣先企業へは『派遣・出向』『期間満了・期間終了』を使用します。

次の2通りの書き方を推奨します。

1.派遣会社と派遣先企業を書く

平成○年○月 A会社へ派遣社員として登録

平成○年○月 B株式会社に派遣 経理部 経理事務 
平成○年○月 派遣期間満了
平成○年○月 株式会社Cに派遣 営業部 一般事務 
平成○年○月 派遣期間満了

平成○年○月 A会社との派遣登録終了

2.派遣先企業の名前を伏せたい

平成○年○月 損害保険業(保険取扱い) 経理事務に派遣
平成○年○月 機械メーカーに派遣(水道管、パルプ取扱い) 一般事務に派遣

派遣先の企業は派遣会社のクライアント様でもあります。
名前を履歴書に載せても良いか不安ならば、業種と事業内容を書いて伝えます。

派遣での職歴数が多いとき

ひとつの派遣会社の中で派遣先企業を転々としている場合はまだ書きやすいですが、
派遣会社が複数になると工夫しないと見にくい履歴書になります。

1.派遣期間満了を略して収まる場合

平成○年○月A会社へ派遣社員として登録

平成○年○月 B株式会社 経理部 経理事務 (平成○年○月○日まで)
平成○年○月 株式会社C 人事部 一般事務 (平成○年○月○日まで)

平成○年○月 A会社との派遣登録終了

「期間満了」を合わせたので数が多くなっても見やすい。

2.短期間も長期間もあって数が多いとき

平成○年○月 A会社へ派遣社員として登録
        平成○年○月 B株式会社 経理部経理事務(平成○年○月○日まで)
        平成○年○月 株式会社C 人事部一般事務(平成○年○月○日まで)
        他、短期間の就業内容は「職務経歴書」に記載しております。
平成○年○月 A会社との派遣登録終了

長期で勤めた派遣先だけ抜粋して書き、全ての職歴は職務経歴書に。
短期と長期の区別をつけて見やすく。

3.社員と派遣の職歴がごちゃごちゃして見にくい

平成○年○月 A会社へ派遣社員として登録
        主に派遣先へ経理・一般事務員として就業
        詳細は別紙「職務経歴書」に記載しておりますのでご確認願います。
平成○年○月 A会社との派遣登録終了

社員と複数の派遣経験がある場合はいっそう登録会社だけ書き、詳しい内容は職務経歴書に。

派遣の登録会社は略して書いてもいい?

派遣社員で働く場合あくまで雇い主は登録会社です。派遣先の企業からお給料を直接頂いているわけではありません。
これを理解すれば職歴はきちんと会社名を記入すべきです。

職務経歴書と合わせて見やすく書く

派遣の回数が多い方はすべて履歴書の職歴に書こうとしないほうがいいでしょう。

必ず書くべきもの、職務経歴書に書いても問題ないものに整理してから作成すると、情報がもれなくて済みます。

履歴書を作成するより先に職務経歴書を作っておくことをお勧めします。

業務内容などできるだけ書き出しいろいろな会社に勤めた経験とスキルをアピールしましょう。

【関連記事】
履歴書の書き方失敗例「ついやりがちな”14のNGワード”」